どこの大学に留学する? 2.


スポンサーリンク

記録

f:id:mizuamenohi:20181106132104j:plain

ざっと、留学できる大学紹介

ここでいう大学とはほとんどが大学付属の語学堂です。

大学の敷地内に留学生が授業を受ける別館がある場合が多いです。

 

◯延世大学

  韓国留学といえば延世大学と言われるくらい有名。

  実績がありNO.1大学。

  文法重視。

  入学金:80,000ウォン

  授業料:1,730,000ウォン

  寄宿舎: ×

◯梨花女子大学

  名門女子大学。

  有名校の中では日本人が少なめ。

  全てにおいて無難で平均的。バランスの良い授業。

  入学金:60,000ウォン

  授業料:1,720,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (100%ではない)

◯高麗大学

  有名でバランスがとれた学校。

  キャンパスがヨーロッパの建物のように綺麗。

  サークルあり。

  入学金:60,000ウォン

  授業料:1,630,000ウォン

  寄宿舎: ×

◯西江大学

  会話中心の授業。実践的な授業。

  立地環境が良い学生街。

  入学金:60,000ウォン

  授業料:1,770,000ウォン

  寄宿舎: △

◯弘益大学

  立地が良く、学校周辺が賑わっている。

  日本人留学生は少ない方だが、若者(10代20代前半)に人気。

  韓国生活重視の人に最適。トウミ制度あり。

  入学金:50,000ウォン

  授業料:1,550,000ウォン

  寄宿舎: ×

◯ソウル女子大学

  郊外なので勉強に集中出来る。

  日本人少なめ。トウミ制度あり。

  入学金:50,000ウォン

  授業料:1,300,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (3人部屋)

◯ソウル市立大学

  授業料と寄宿舎費用が安い。

  規模は大きくないが日本人は多め。 

  生徒と先生が近いアットホームな環境。

  入学金:50,000ウォン

  授業料:1,300,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (1学期のみ)

◯慶熙大学

  日本の大学と多く提携しているので、日本人留学生が多い。

  トウミ制度あり。

  平均的授業。

  入学金:60,000ウォン

  授業料:1,700,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (敷地外)

◯崇実大学

  地名度はあまり高くないが立地、環境が良い。

  トウミ制度、TOPIK講座あり。

  日本人は少なめ。

  入学金:60,000ウォン

  授業料:1,450,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (100%)

◯国民大学

  日本人が少ない。

  あまり有名ではないが規模の大きい総合大学。

  大学進学を目的としているので質の高い生徒が多い。

  入学金:50,000ウォン

  授業料:1,450,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (4人部屋) 

◯建国大学

  日本人少なめ。立地が良い。

  入学金:50,000ウォン

  授業料:1,600,000ウォン

  寄宿舎: ◯ (2学期以上)

 

授業料は1学期分(200時間程度)です。

別途教材費が学期ごとに必要です。(50,000ウォン前後)

(2018年11月時点)

 

私の感覚でざっとまとめました。(本当にざっとです ´・д・)

ここに書いていない大学も沢山あります。

また詳しく大学紹介できたらいいなと思っています。

ではさっそく、選んでいこう

学校の選び方は、人によって違います。

 *有名大学(誇りを持てる)→延世大

 *費用重視(なるべく安い所がいい)→ソウル市立大、ソウル女子大

 *会話重視(留学したからには絶対話せるようになりたい)→西江大

 *編入希望(四年生大学に編入したい)→国民大

 *韓国生活(せっかく韓国に住むから充実した生活を)→弘益大

こんな感じが多いかな〜と思います。

 

私は1つ前の記事で言った通り、

 ・費用

 ・寮の有無

 ・日本人の割合

この3つの優先度が高いので、この条件に沿って大学を絞っていきました。

 

まず、寮がない学校がかなりあるのでそこから絞って行きます。

確実に入寮できそうな学校はソウル女子大、ソウル市立大、慶熙大学、

崇実大、国民大、建国大です。

 

韓国では寮を寄宿舎と言う場合が多いです。

寄宿舎は1人部屋はほとんどなく、2人〜4人で部屋を使います。

とても狭い部屋に押し込められます╭( ・ㅂ・)و

主にベッド、机、シャワー+トイレ

稀に、キッチン、洗濯機、ネット環境等があります。

 

私がなぜ寄宿舎にこだわるかと言うと、

そこに住めば教室に一番近いからです。

(朝はギリギリまで寝たい)

学校の敷地に住んでいればすぐに図書館や食堂、事務室など行けます。

雨の日でもずぶ濡れで登校するという心配は皆無です。

 

ワンルームの方がプライベートが守られるし、自由に過ごせるのでメリットが多いのはもちろんです。

しかし、かなりの確率で学校から少し歩く距離の場所やバスで通わなければいけない場所に部屋を借りることになります。部屋の種類によっては保証金(敷金みたいな感じ)がばか高いところも.....(数十万円〜数百万円!?)

 

それらを考え、寄宿舎に絶対住むと決めました ゚д゚ ; 変? 

 

 

そして次、日本人の割合はどこの大学もいい感じだと思いました。

 

さらに次、費用はまちまちなのでちょっと置いといて....

 

ここからの絞り方(また寄宿舎で選択肢を減らしていきます)

→二人部屋がいい

→学校の敷地内がいい

ソウル女子大、ソウル市立大、慶熙大学

崇実大、国民大、建国大

 

と言うことで

ソウル市立大、崇実大、建国大

になりました。

 

寮の有無で留学を決める人は中々いないと思いますが...

私は決めるんです╭( ・ㅂ・)و 笑笑笑

参考になりませんね.....

 

しかし、この段階で私は行き詰まりました。

決定的な何かがどこの学校にもなかったのです。

 

はぁ......

壁にぶち当たりつつ思った

「釜山はどう?」

 

 結果的に私は釜山の大学を選択したのですが、中々遠回りしたと思いませんか?

でも、ソウルの大学を頑張って調べていたからこそ、分かったことがあったし、自分がどんな所でどんな風に勉強したいかが明確に見えてきました。調べ方、見極め方の知識もついてきました。

 

次は釜山の大学選びに突入です(•ө•)

 

 おわり 

にほんブログ村 海外留学(韓国)

www.aono-emma.com